インプラントの特徴

通常の歯科医院で行っている治療とインプラントとは違う所があります。
通常の治療の場合、医者が中心となって治療をするのが一般的です。
しかしインプラントの場合、チームになって治療に当たるのが一般的とされています。
治療をする場合には、医者が中心とはなりますが、アシスタントがフォローをしたり、クリーニングをしてくれる歯科衛生士であったり、かぶせる歯を制作する歯科技工士などがかかわることになります。
このチームとして、きちんと治療をするための体制が機能しているかどうかという所で歯科医院をチェックするようにしましょう。
インプラントの場合、外科的な治療によって歯を再生していくという治療になり、審美歯科や矯正歯科、口腔外科、歯周病対策のスペシャリスト、麻酔の専門家など、いろいろな要素が複雑に絡んだ治療法になります。
このため、かかわるスタッフの数も多くなります。
ですから、いくら医者にインプラントの治療経験があっても、その周囲のスタッフに実践的な経験がなければ、チームとしてはきちんと機能をしてくれない可能性があると言うことになってしまうわけです。
チームとしてきちんと豊富なインプラント治療の経験を持っているかどうかについて、確認をすることです。
また自分たちの能力をきちんと把握しているかどうかも重要なポイントになります。
インプラント治療には、いろいろなタイプの患者が利用することになります。
なかには、治療をするにはかなり難しい症例を持った患者がやってくることもあるかもしれません。
その場合、自分たちの所では対処ができないと判断されることもあるかもしれません。
その場合には、外部にある大学病院やよりインプラントの治療を専門的に行っているような病院を紹介してくれるかどうかも、いい歯科医院かどうかの判断するポイントになります。
経験を積んでいるスタッフがチームを組めば、患者も安心してインプラントの治療を受けることができるはずです。
例えば、麻酔専門医の経験が豊富であれば、これから麻酔を受けて手術を受けようとする患者の精神状態をきちんと理解しているはずです。
やはり手術を受ける前には、いろいろな不安があるでしょう。
麻酔専門医の中には、各種鎮静法を使って、患者の心を鎮めるようなケアをしてくれる場合もあります。
このように、患者の状況をきちんと理解して、適切にチームとして治療にあたることができるかどうかをチェックすることも重要です。
この記事をシェア、ブックマークする お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加