検査の充実度

インプラントの治療は、あごの骨に人工歯根を直接埋め込むという工程があります。
そこで、きちんとした歯科医院であれば、あごの骨の状態を確認するために、いろいろな検査を実施しているはずです。
一般的な歯の治療をする時に、レントゲン撮影をすることがあります。
しかしインプラントの治療をする場合には、レントゲン撮影は不的確と言われています。
レントゲン撮影では、インプラントをするために必要なあごの骨の情報を十分に集めることができないからです。
確かにレントゲン撮影は、歯の様子や虫歯の治療をするためには、きちんとした情報を提供してくれるツールではあります。
しかしレントゲンでは、あごの骨の厚さや形状がどのようになっているかどうかは確認することができないのです。
そこでインプラントをする歯科医院を選ぶ時には、CTスキャンをしてくれるかどうか確認をしましょう。
CTスキャンの場合、あごの骨をスライスするような感じで撮影をしてくれます。
このため、あごの骨の形状や硬さを知ることができますし、神経がどこを通っていて、はなに疾患などがないかどうかまで確認することができます。
しかもできれば、こービーム式のCTスキャンが導入されている所で、検査を受けるようにしましょう。
従来のCTスキャンの場合、スライスする幅が少し広めなところがあります。
最小でも0.5〜1mm程度の間隔でスライスして撮影することになってしまいます。
歯やあごの骨と言った微細な所の状態を確認するためには、少し粗めと言わざるをえません。
コーンビーム式のCTスキャンであれば、0.2mm感覚でスライスして、あごの骨の状態を撮影することができます。
このため、歯やあごの骨の細かな構造などについて確認をすることができます。
またもし金歯や銀歯をしている場合、従来のCTスキャンの場合、これらの影響を受けることで、画像が乱れてしまうこともありました。
しかしもし金属が口の中に埋まっていたとしても、コーンビーム式のCTスキャンであれば、画像の乱れの影響を最小限に食い止めることができるようになります。
すなわち従来のCTスキャンと比較して、かなり正確に歯やあごの情報を収集することができるわけです。
歯科用のCTスキャンですが、かつては大病院にしかありませんでした。
しかし最近ではかなり普及されるようになってきていて、一般の歯科医院でもインプラントに力を入れているクリニックであれば、歯科用のCTスキャンを導入している所も結構あります。
このような検査が充実している所で治療を受けましょう。
この記事をシェア、ブックマークする お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加