インプラントとは何か

虫歯などで歯を抜いた場合には、通常は入れ歯やブリッジを使うことになります。
しかしこれだと、従来の噛む力を回復することができなくなってしまいます。
その結果、硬いものをかむことができなくなってしまいます。
そこで新しい歯の治療法として、インプラントという治療法を導入している歯科医院も多くなってきています。
インプラントとは、し肉の部分から人工歯根と呼ばれる金属製の根っこをあごの骨に埋め込んで固定をする治療法を指します。
そしてこの人工歯根の上に、人工の歯を取りつけることによって、歯の回復をしていきます。
現在インプラントを導入しているクリニックは日本全国に広がってきています。
このため、インプラント治療はシステマナイズ化されています。
いろいろなシステムがありますが、それぞれに特徴を持っています。
現在では、ブリッジを作ることで、複数のインプラントをつなぎ合わせることで、歯の再生をすることもできるようになってきています。
インプラントにはいろいろなメリットがあります。
例えば、ブリッジの場合には歯に引っ掛けるために、健康な歯も削らないといけませんでした。
しかしインプラントの場合、あごの骨に直接埋め込むような治療法を採用しています。
このため、健康な歯を削るようなことをせず、そのままの状態で温存することができるようになります。
また入れ歯の場合、歯肉の所にかぶせるような形で取り付けます。
しかしこれだと、どうしてもかむ力をきちんと入れ歯に伝えることができなくなってしまいます。
しかしインプラントの場合、あごの骨できちんと固定されていますので、ほとんど自分の歯でかむのと同じくらいの力を維持することができます。
このため、入れ歯の場合、硬い食べ物を噛むことが難しくなってしまいますが、インプラントであれば硬い食べ物でもきちんと噛み砕くことができるようになります。
また入れ歯やブリッジの場合には、外してきれいにしたり、眠る前には外したりする必要があったかと思われます。
しかしインプラントの場合、あごの骨に癒着をしてしまっていますので、いちいち外す必要もありません。
歯磨きなどについても、通常の自分の歯を磨く時のように、歯ブラシと歯磨き粉を使って磨くこともできます。
また最近のセラミック加工の歯は、かなりハイレベルな出来栄えにすることができます。
ですからインプラントをとりつけることによって、自然な歯並びを実現することもできるようになります。
この記事をシェア、ブックマークする お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加