親知らずの治療法

もし親知らずが生えてきてしまって、痛みをともなった場合、歯科医院に行って治療を受けることになります。
ところで歯科では、どのような親知らずの治療をしているのでしょうか?
親知らずの症状に応じて、親知らずを抜いてしまうか、もしくはそのまま温存をして治療をするかを判断することになります。
では歯を抜くかどうかの判断基準はどのようにして行われているのでしょうか?
基本的に抜くかどうかの基準は、親知らずが歯としての機能をきちんと発揮しているかどうかで判断されます。
歯の役割の中で、食べ物を噛み砕くと言うのが最も重要なものです。
食べ物を噛み砕く時、歯は1本だけあってもダメで、上下の歯が重なることで機能を発揮してくれます。
そこで、親知らずに対して、咬みこむ相手の歯がきちんとあるかどうかということがチェックされます。
もし相手の歯がない場合には、抜いて治療するのが一般的になります。
もしくは、斜めに生えてしまっている場合には、満足の食べ物を噛み砕くことができなくなってしまいます。
このような親知らずについても、抜いて治療することになります。
歯を温存しても、虫歯や歯周病になるリスクだけを高めることになってしまうので、あっても仕方がないからです。
しかしもし歯としての噛む機能をきちんと持っている親知らずであれば、多少虫歯になっていたとしても、きちんと温存をすることもあります。
しかし歯としての機能をきちんと持っていたとしても、抜歯せざるを得ない状況もあります。
例えば、親知らずが原因となって、何度も腫れが起きてしまう場合には抜かざるを得なくなってしまいます。
また食べ物が挟まりやすいような形状になっている場合や親知らずの周辺の歯がそのことによって虫歯になってしまうリスクが高いと判断された場合には、この健康な歯を温存するために親知らずを抜歯して治療すると言う方法がとられることもあります。
また歯として機能をしている場合には、多少虫歯になっていても温存すると紹介しました。
しかし虫歯の症状がかなり広がってしまっている場合には、抜歯をせざるを得なくなってしまう可能性も出てきます。
そのほかでも親知らずが口の奥の方にありすぎて、治療器具を入れようにも、周りの歯が邪魔になって虫歯の治療をすることができないと判断された場合でも抜歯をして治療することになります。
もし親知らずが痛みなどで自覚したら、早めに歯科に行って審査を受けることです。
そしてどうすべきかを医者に判断してもらいましょう。
この記事をシェア、ブックマークする お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加