子供の矯正について

自分の子供の歯並びに問題があると感じると、矯正歯科での矯正治療をしたいと思う親御さんもいるでしょう。
子供の矯正はいろいろな症状があります。
ところで、子供の歯科矯正についてですが、日本矯正歯科学会では7歳ぐらいまでには、専門医のチェックを受けることを推奨しています。
なぜ7歳までに専門医のチェックを受けた方が良いとしているかと言うと、歯科矯正の治療の方法に関係しています。
歯科矯正の治療は、歯並びの治療が一つあります。
そしてもう一つ、あごの治療をするケースも出てきます。
実は7才くらいまでの子供であれば、まだあごが発育段階の途中と言えます。
つまり、あごの治療も比較的スムーズに行うことができるわけです。
大人になってしまうと、あごの骨がだいぶ固定されてしまうので、顎を使っての歯科矯正の治療ができる選択肢が、だいぶ狭まってしまうわけです。
症状の種類によって、顎を使った治療をすべきかどうかは分かれてきます。
しかしいったん7歳くらいの段階で専門医に見せれば、もしあごの治療が必要と判断された場合に、治療を開始することができます。
また7歳くらいになってくると、歯の生え換わりが起きるタイミングに当たります。
永久歯が生える前に歯科矯正を行ってしまうことで、永久歯の歯並びはきちんとしておくこともできるわけです。
7歳になったら、歯並びの悪い子供はすべて歯科矯正を受けないといけないというわけではありません。
症状によってはもっと遅く、例えば12歳くらいになったら矯正歯科の治療を受けるべきケースもあります。
しかしいったん7歳になったら、矯正歯科に行って医者の診断を受けることで、今矯正をすべきか、後になって治療をすべきかという診断をしてもらうことができるのです。
7歳に医者に見せれば、いろいろな治療の選択肢を持つことができるわけです。
また子供の時に歯科矯正をしてしまうのは、予防策にもなります。
不正交合を予防するために歯列矯正をすることもできます。
不正交合になってしまうと、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。
このための予防の一環として歯列矯正をしてしまう方法があります。
不正交合予防のための矯正治療ですが、デメリットもあります。
再発しないようにするためには、しばらくの間、矯正するための装置を取り付ける必要があります。
この装置を付けることによって、口の中に違和感が出てくる子供も多くなってしまうのです。
まずは子供の歯並びが悪いのであれば、医者に診せることからはじめましょう。
この記事をシェア、ブックマークする お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加